JP / EN

RESERVATION

施設規約FACILITY TERMS

宿泊約款 利用規約 プライバシーポリシー

宿泊約款

(本約款の適用)

第1条

1.当ホテルの締結する宿泊約款およびこれに関連する契約はこの約款に定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は慣習によるものとします。

2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令および慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。

(宿泊契約の申し込み)

第2条

1.当ホテルに宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。
 (1)宿泊者氏名
 (2)宿泊日および到着予定時刻
 (3)宿泊料金
 (4)その他当ホテルが必要と認める事項

2.宿泊客が、宿泊中に前項第2号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当ホテルは、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。

(宿泊契約の成立等)

第3条

1.宿泊契約は、当ホテルが前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当ホテルが承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。

2. 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊期間の基本宿泊料を限度として当ホテルが定める申込金を、当ホテルが指定する日までに、お支払いいただきます。

3. 第2項の申込金を同項の規定により当ホテルが指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。ただし、申込金の支払期日を指定するに当たり、当ホテルがその旨を宿泊客に告知した場合に限ります。

(宿泊契約の解除)

第4条

当ホテルは、宿泊予約の申込者が、宿泊予約の全部または一部をキャンセルした場合、次に掲げるところによりキャンセル料を申し受けます。
<契約解除通知を受けた日>
 不泊:100%
 当日:100%
 7日前:100%
 8日前:-
※ 注1  %は、宿泊料金に対する違約金の比率です。
※ 注2  契約日数が短縮した場合は、その短縮日数にかかわりなく、1日分(初日)の違約金を収受します。
※ 注3  宿泊客が連絡をしないで、宿泊日のフロント営業終了時間(事前に到着予定時間を明示した場合は、当該予定時間(ただし午前0時を限度とする))になっても到着しないときは、その宿泊予約は申込者によりキャンセルされたものとみなし、処理する事があります。
但し、キャンセルされたものとみなした場合において、宿泊客がその連絡をしないで到着しなかったことが、列車、航空機等、公共の運輸機関の不着または遅延、その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることが証明されたときは、規定のキャンセル料はいただきません。

(宿泊の登録)

第5条

宿泊客は、宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を当ホテルに登録していただきます。
 (1)宿泊者の、住所、氏名、年齢、性別、国籍、および職業、到着年月日及び出発年月日前宿泊地及び行先地
 (2)場合により、公的な身分証明書等の提示によるご本人確認
 (3)日本国内に住所を持たない外国人宿泊者の場合、パスポートの呈示・コピー、及び国籍・旅券番号
 (4)その他、当ホテルが必要と認めた事項

(宿泊引受け・宿泊継続の拒否)

第6条

当ホテルは次の場合、宿泊をお断りすることがあります。
 (1)利用規約に従わないとき。
 (2)宿泊の登録時に申込事項の登録に応じないとき。
 (3)宿泊の登録時に登録内容に虚偽の記載があるとき、又はその恐れがあるとき。
 (4)満室 により客室の余裕がないとき。
 (5)宿泊者が宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
 (6)宿泊者が、他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
 (7)宿泊者が、伝染病者であると明らかに認められるとき、又はその恐れがあるとき。
 (8)宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
 (9)天災地変、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることが出来ないとき。
 (10)宿泊者が、泥酔等で、他の宿泊者その他第三者に迷惑を及ぼす言動をしたとき、又はそれらの恐れがあるとき。
 (11)宿泊しようとする者に次の事由に該当するものがいるとき。
  ①「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団及び指定暴力団員等又はその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)
  ②暴力団等が事業活動を支配する法人や団体、又はその構成員
  ③暴力団等に該当するものが役員となっている法人又はその構成員
 (12)当ホテル若しくは当ホテル従業員に対し、暴力、脅迫、恐喝等の威圧的な不当要求を行ったとき、又はかつて同様な行為を行ったと認められるとき、もしくはそれらの恐れのあるとき。
 (13)宿泊施設内の備品の撤去、その他社会通念上許容される範囲を超えた要求、スタッフへの誹謗、中傷、威嚇、並びに炎上を目的としたSNSへの投稿等の嫌がらせ等により、当ホテルの運営の妨害、当ホテルの信用及びブランドを毀損する行為を行ったとき、又はかつて同様な行為を行ったと認められるとき、もしくはそれらの恐れのあるとき。
 (14) 法令、国が定める指針、その他都道府県が条例で定める事由があるとき。
 (15) その他、当社が不適切であると判断したとき。

(客室の使用時間)

第7条

宿泊客が当ホテルの客室を使用できる時間は、当ホテルが定めるチェックイン時刻からチェックアウト時刻までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。

(利用規則の遵守)

第8条

宿泊者は、当ホテル内において当ホテルが定めた利用規則に従っていただきます。

(営業時間)

第9条

1.当ホテルの主な施設等の営業時間は次のとおりとし、その他の施設等の詳しい営業時間は備え付けパンフレット、各所の掲示、客室内のサービスディレクトリー等でご案内いたします。
 (1) フロント営業時間  6:00 ~ 22:00
 (2) チェックイン    15:00 ~ 22:00
 (3) チェックアウト   6:00 ~ 11:00

2. 前項の時間は、臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせします。

3. 当該指定時間内でのご案内が難しい場合は、予めフロントへお問合せのうえ、ご対応方法をご相談させていただきます。

(料金の支払い)

第10条

1.料金の支払いは、前払い制といたします。但し、当ホテルが認めたものに関してはこの限りではありません。

2.宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

(当ホテルの責任)

第11条

1.宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、またはそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、5万円を限度として賠償します。 ただし、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

2. 当ホテルは、万一の火災等に対処するため、火災保険に加入しております。

(契約した客室の提供ができないときの取扱い)

第12条

1.当ホテルは、宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。

2.当ホテルは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、当ホテルの責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。

(寄託物等の取扱い)

第13条

当ホテルでの滞在中、自己の責任の下、厳重に管理してください。当ホテルは、宿泊客の責めによる現金と貴重品の損失、損害又は窃盗に関しては一切責任を負いかねます。

(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)

第14条

1.宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当ホテルに到着した場合は、その到着前に当ホテルが了解した時に限り責任をもって保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインする際お渡しいたします。

2. 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当ホテルは、当該所有者に連絡をするとともにその指示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない場合又は所有者が判明しない場合は、現金並びに貴金属については、発見日を含め3日間保管し、その後最寄りの警察に届けるものとし、その他の物品については、3日間の保管の上破棄させて頂きます。ただし、食品については、品質保持上妥当な期間のみの保管とし、その期間を超過した場合は当ホテルの判断により破棄させていただきます。

3. 本条に基づく宿泊客の手荷物又は携帯品に関する当ホテルの責任は、前条の規定に準じるものとします。

(宿泊客の責任)

第15条

宿泊客の故意又は過失により当ホテルが損害(施設の修繕費用、販売機会の損失等を指しますが、これらに限られないものとします)を被ったときは、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。

(外来訪客との面会)

第16条

フロント営業時間外については、施設内の外来訪客滞在をお断りさせていただきます。なお、時間外の外来訪客滞在が発覚した際は、予め予約していた人数が定員に満たない場合であっても、当ホテルにて定める罰則金を申し受けます。

(免責事項)

第17条

宿泊客による当ホテルにおけるインターネット通信の利用については、宿泊客自身の責任にて行うものとします。宿泊客によるインターネット通信の利用中にシステム障害その他の理由によりインターネット通信が中断し、その結果宿泊客に損害が生じた場合においても、当ホテルは一切の責任を負いません。また、宿泊客によるインターネット通信の利用に関し、当ホテル又は第三者に損害が生じた場合、宿泊客は、当ホテル又は第三者に対し、その損害を賠償していただきます。

(警察等への通報)

第18条

お客様の本約款等又はその他利用規約等への違反により、他のお客様及び当ホテルの権利、財産、及びサービス等を保護する必要が生じた場合、当ホテルは警察等関係機関へ通報する等、然るべき措置を講じます。

(本約款などの変更)

第19条

1. 本約款等の内容は、予告なく変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。最新の情報は、当ホテルホームページにて公表しておりますのでご確認ください。

2. 変更された本約款等の内容について、変更後にお客様が当ホテルを利用した場合には、当該お客様は変更された内容に同意したものとみなします。

3. 前項にかかわらず、本約款等の変更前に成立した宿泊契約については、変更前の規定が適用されるものとします。

(分離可能性)

第20条

1. 本約款等又はその他利用規約等の一部が法令に基づいて無効と判断された場合でも、当該部分を除く本約款等及びその他利用規約等の規定は有効とします。

2. 本約款等又はその他利用規約等の一部が、あるお客様との関係で無効又は取消しされた場合でも、当該お客様を除くお客様との関係において本約款等及びその他利用規約等は有効とします。

(準拠法)

第21条

本約款等の有効性、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

(優先言語)

第22条

本約款等及びその他利用規約等は、日本語を正文とします。お客様の参考のために提示された翻訳文がある場合でも、日本語の正文のみが契約としての効力を有するものとし、翻訳文はいかなる効力も有しないものとします。

(協議)

第23条

当ホテルのご利用に関して、本約款等で解決ができない問題が生じた場合には、当ホテルとお客様との間で双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。

(管轄裁判所)

第24条

本約款等に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

利用規約

当ホテルでは、お客様に安全で快適なご滞在をお楽しみいただくために、次の通り利用規約を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
この利用規約をお守りいただけない場合は、宿泊又はホテル内の諸施設のご利用をお断り申し上げます。
またこの利用規約を守れないことによって生じた事故については、当ホテルは責任を負いかねますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

下記の物品は、他のお客様への迷惑となりますのでお持込みにならないでください。
 イ)動物、鳥類、ペットの類
 ロ)悪臭又は騒音を発するもの
 ハ)火薬、揮発油その他発火、引火性のもの
 ニ)法により所持を許可されていない銃砲、刀剣、覚醒剤の類
 ホ)著しく多量もしくは重量のある物品
 ヘ)ごみ及び客室の衛生を妨げる物品
 ト)その他当ホテルが客室への持込みを禁止することとした物品

客室を宿泊以外の目的でご使用にならないでください。

未成年者のみの宿泊は特に親権者の許可がない限りお断り申し上げます。

ホテル内及び敷地内で広告物の配布や物品の販売をなさらないでください。

賭博や風紀を乱すような行為、他のお客様に迷惑のかかるような行為はなさらないでください。

高声や放歌、またテレビやラジオの音量を大きくするなど、他のお客様に迷惑のかかるような行為はなさらないでください。

客室以外の場所での所持品の放置はなさらないでください。

館内外の諸施設や備品を他の場所へ移動したり、加工したりなさらないでください。汚損、破損、紛失については実費を申し受けます。

客用以外の場所に許可なく立ち入ったり、立ち入りを強要なさらないでください。

10

ご予定の宿泊日数を変更なさる場合は、予めフロント係員にご連絡ください。ご延長の場合は事前にお支払いをお願い申し上げます。

11

浴室内での染毛・漂白剤等の使用はなさらないでください。

12

客室内や敷地内で許可なく営業上の目的で写真やビデオ・DVD等あらゆる機器による撮影及び録音はなさらないでください。また、私的に撮影及び録音されたものであっても、許可なく営業上の目的でインターネット上等に掲載する行為はなさらないでください。

13

ご滞在中に客室から出られる際は施錠をご確認ください。ご在室中やご就寝時には、ドアの掛け金をお掛けください。不審者の来訪には不用意に開扉なさらないようにご注意ください。

14

お客様の安全上の観点から、客室のドアに「Do not disturb/起さないでください」のカードを提示されている場合であっても、長時間に渡ってお客様と連絡が取れていない場合には、ホテル従業員が客室への電話連絡や客室前での呼び出しを行います。また、応答がない場合や緊急時など、当ホテルが必要と判断した場合は、やむを得ず客室に入室を行いますのでご了承ください。

15

ご来館客との客室内でのご面会は終日ご遠慮ください。

16

宿泊約款第5条により登録された宿泊客(同伴者を含む)以外のご来訪客を宿泊させることはお断り申し上げます。

17

安全のため、客室からお出掛けの際は、電気・電子機器(冷凍冷蔵庫を除く)の電源をオフにし、プラグは電源コンセントからお抜きください。

18

全館禁煙となっております。建物内での喫煙はなさらないでください。

19

万一に備え、客室入口の避難経路図及び各階の非常口をご確認ください。

20

ご滞在中の現金、貴重品の保管には、部屋備え付けの貸金庫をご利用いただくようお願い申し上げます。上記の手続きをお取りにならず万一ホテル館内で紛失、盗難事故等が発生した場合、ホテルでは一切の責任を負いかねます。

21

お忘れ物は、現金並びに貴金属については発見日を含め3日間保管し、その後最寄りの警察に届けるものとし、その他の物品については、3日間の保管の上破棄させていただきます。ただし、食品については、品質保持上妥当な期間のみの保管とし、その期間を超過した場合は当ホテルの判断により破棄させていただきます。

22

ご滞在中、フロントから精算の依頼がございましたら、その都度フロントでのご精算をお願い申し上げます。

23

お買物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、お荷物送料などの立て替えはお断りさせていただきます。

24

小切手及び外貨によるお支払い並びに両替には応じかねますのでご了承ください。

25

従業員へのお心づけはご辞退申し上げます。

26

客室ルームキーを紛失した場合は、再発行に要する費用1,500円全額の負担をお願いいたします。

27

宿泊約款第6条第11項に定める暴力団等及び公序良俗に反する恐れのある場合には、当ホテルのご利用をお断り申し上げます。(予約成立後、あるいは利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断り申し上げます。)

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

・プライバシーポリシー概要

Fun Space 株式会社では、オンラインにおけるお客さまのプライバシーを尊重するために、お客さまの⾝元を明らかにするような情報(「個⼈情報」)を適切に管理し、⼗分に保護する努⼒をしています。このオンラインプライバシーに関するポリシーは、お客さまの個⼈情報がFun Space 株式会社でどのように扱われているかをご理解いただくために導⼊されました。
個⼈情報とは、お名前、⾃宅および会社の住所、メールアドレスなどの連絡先を含めた、お客さまを特定するに⾜る情報を指します。通常は、お客さまは、ご⾃⾝の個⼈情報を⼀切明かすことなくFun Space 株式会社のウェブサイトにアクセスすることができます。お客さまがウェブ上で個⼈情報を提供してくださった場合、その情報はFun Space株式会社の内部、またはFun Space 株式会社と提携している他のサービスプロバイダに転送されることがあります。転送先は、お客さまの居住なさっている国や地域に限らず、世界中の他の国も含まれます。

・クッキーおよびその他の追跡技術

Fun Space 株式会社のサイトには、「クッキー」などの追跡技術を使⽤しているページがあります。「クッキー」は⼩さなテキストファイルで、ウェブサイトで⾏った作業に関する情報などを回収するために使われます。クッキーなどの追跡技術の中には、ウェブユーザが以前に提供した個⼈情報を 記憶するものもあります。お使いのブラウザの設定を変更することにより、クッキーを許可するかどうか、また、どのようにクッキーを除去するかなどを選択できます。
ブラウザの設定により、クッキーが送信されてきたことを通知したり、クッキーを受け取らないようにブロックすることもできます。ただし、クッキーの除去やブロックを選択した場合には、ユーザIDとパスワードを再度⼊⼒しないとアクセスできないページもあるのでご注意ください。 追跡技術によって記録される可能性がある情報には、ドメイン名とホスト名、インターネットプロトコル(IP)アドレス、ブラウザとOSの種類、クリック順序、サイトにアクセスした⽇時などがあります。クッキーその他の追跡技術を使⽤する⽬的は、サイトを改善し、快適なアクセスを可能にすることです。また、個⼈情報を含まないデータについても、アクセス状況の傾向や統計の分析に使⽤することがあります。

・取り組み

Fun Space 株式会社は、プライバシーの問題に真剣に取り組みます。オンラインでのプライバシー保護は新しい問題で、⼗分な議論が尽くされている わけではありません。Fun Space 株式会社のウェブサイトは、変化する要求に合わせて、個⼈情報の保護に向けて今後とも努⼒をしていく所存です。 オンラインプライバシーに関するポリシーについてのご意⾒やご質問は、お問い合わせフォームからお寄せください。今の時点で完璧なプライバシー 保護を保証することはできませんが、ご意⾒はできるだけ迅速に取り⼊れ、改善に役⽴てていくつもりです。

・個⼈情報の利⽤⽬的の明確化と遵守

Fun Space 株式会社は、個⼈情報を⼊⼿する際には、その利⽤⽬的を明らかにし、その⽬的の範囲を越えて利⽤することはいたしません。

第三者提供の制限

1. プライバシーポリシー概要

Fun Space 株式会社は、お客さまの事前の同意なしに第三者に個⼈情報を提供しません。

2. 個⼈情報の正確性の確保

Fun Space 株式会社は、お客さまの個⼈情報が常に正しい内容であるよう努めます。

3. 適切な個⼈情報保護対策の実施

Fun Space 株式会社は、責任を持って個⼈情報保護のために適切な対策を講じ、個⼈情報に対する不正アクセス、情報漏洩、改ざん等の事故を防⽌するよう努めます。 また、万⼀事故が⽣じた場合には、是正措置を迅速に実施します。

4. 個⼈情報に関する法令等の遵守

Fun Space 株式会社は、個⼈情報に関する法令等を遵守します。

個人情報に関するお問合わせ

個人情報に関するご相談、お問合せは下記までご連絡ください。

HOTEL KADO GOSHO-MINAMI KYOTO
Eメールアドレスtoiawase@hotel-kado.com

Loading...